二種免許の費用相場や取得条件を確認しよう

二種免許を取るなら合宿?通学?両方の特徴を徹底比較

二種免許の費用相場や取得条件を確認しよう

初心者マーク

二種免許の取得に必要なもの

二種免許を取得するには、教習所に通うという選択肢があります。教習所に通う場合に必要なものは、まず住民票と本人を確認するための書類が挙げられます。ほかには、印鑑、健康保険証のコピー、目の悪い方はメガネやコンタクトを用意します。免許証を持っている方は、免許証も必要になるので準備しておきましょう。

教材

二種免許の取得条件

二種免許は普通免許と同じように、取得するための条件がいくつか存在します。まず年齢が21歳を超えていることが一つ目の条件です。二つ目は、普通免許(第一種免許)を取得してから3年間が経っていることです。三つめは、視力が片目で0.5以上、両目で0.8以上あることが条件となっています。この三つの条件全てを満たしている人が、二種免許の受験資格を得ることができます。

教習所

費用の相場

タクシードライバーなどの職業に就くためには、二種免許が必要になりますが、その費用はどのくらい必要なのでしょう。自分で取得する場合は25万円前後ということが多いです。しかし、タクシードライバーの場合は、タクシー会社が費用を負担してくれることが多いので、事前に確認しておきましょう。

免許証

どちらがお得になるのか

二種免許は自動車学校で取得した方がいいですが、自動車学校にも通学するタイプと合宿するタイプの2種類があります。どちらにもメリットやデメリットがあります。ここから、二つの自動車学校の特徴について紹介していくので、これから通おうと考えている方は参考にしてください。

自動車学校の特徴比較

通学タイプのメリット・デメリット

通学タイプの自動車学校は、合宿タイプの自動車学校に比べて卒業までが遅い上に、費用が高いというデメリットがあります。ですが、自分の予定に合わせて授業を違う時間に変えるといった融通が利くというメリットもあります。

合宿タイプのメリット・デメリット

合宿タイプは泊まり込みで一日中教習を行うので、通学タイプより早く卒業することができるでしょう。また、費用も安くなる傾向にあります。ですが、まとまった休みが必要になるので、社会人の方が仕事をしながら取得するのは難しいでしょう。二種免許の取得には8日程掛かると考えた方がいいでしょう。なので、最低でも8日間のまとまった休みが必要になります。

広告募集中